【LCC手荷物対策】旅行でかさばるパッキングを解決!!アメリカで人気の衣類圧縮袋

旅行に出かける際に飛行機を使う方も多いですよね。
特に海外旅行となると大半の方が選ぶ交通手段だと思います。

そんな旅行に出かける際に、荷物をまとめるのに悩んだ経験がある方もいますよね。
低価格で飛行機の旅が可能となったLCCはとても便利です。

LCCとは
ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称です。
運営に関わるコストを削減し、より低価格を実現している航空会社です。
米国の航空自由化を契機に登場し、年々、シェアが広まっています。

そんな安くて便利なLCCですが、きびしい手荷物制限があります。
その制限内での手荷物でなければ超過料金がかかってきてしまいます。
せっかく、格安の航空会社を選んだのに追加で費用がかかってしまっては元も子もないですよね。

各社の制限比較

航空会社重さサイズ(高さ×横×奥行きの合計)
ジェットスター10kg115㎝以内
エアアジア7kg115㎝以内
ピーチ10kg115㎝以内

※2019年2月現在

この基準は、バッグ1点あたりではなく持っている荷物合わせての数値なのでご注意ください。

各社の超過料金

航空会社当日料金
ジェットスター2,600円
エアアジア2,900円
ピーチ2,280円

※2019年2月現在

ですので、できるだけ荷物をコンパクトにまとめて「受託手荷物」扱いを防ぐ必要があるのです。

パッキングにオススメのグッズ

LCCの基準に合わせたスーツケースなどは多数販売されていますが、その中に効率よく収納するためのグッズはあまりありません。
そこで、おすすめなのが、簡単に40%のスペースを圧縮できるKOMPAK(コンパック)です。

“5秒で40%も圧縮” できるパック

KOMPAKは、衣類などを収納できるパックです。
ただ収納するだけではなく、仕上げに中間ファスナーを締めるだけで40%も圧縮できます。
しかもそれにかかる時間はたったの5秒!
とても簡単で便利なパックなのです。

機能性に優れた素材を使用

①生地は、高耐久の代名詞と言われるバリスティックナイロンを採用。

バリスティックナイロンとは
軍用に開発された生地で、通常のナイロンに比べて5倍の強度を持つといわれている繊維です。

軽量で撥水・防水性に優れる破れにくいリップストップナイロン生地が使用されている。

リップストップとは
「生地が避けることを止める」という意味があり、素材が破れてしまっても、碁盤の目状に編みこまれたナイロン繊維がそれ以上の破れを防いでくれるのです。

③防水加工部分には、防臭・防水のラバーコートや、防水仕様のYKKジッパーが使用されています。

最高の耐久性を持つこのパッキングケースは、品質への自信ということで、
1年間の交換保証がついています。
安心して試すことができますね。

サイズと活用方法

KOMPAKLサイズとSサイズの2サイズがあります。
1個だけでも活用できますし、荷物が多い場合には2個以上を組み合わせて使うことも可能です。

Lサイズは約36cm X 約26cm X 約10cmで、
LCC機内に持ち込めるスーツケース(55cm X 40cm X 20cmなど)に2つ収納することができます。

Sサイズは約25cm X 約20cm X 約10cmで、カバンやバックパックに納まるデザインで、洗面具などの小さな携行品を入れるのにも適しています。
もちろん、LCC機内に持ち込めるスーツケースに適しています。

このように2サイズ用意されているので、きっちり重ねてパッキングするができます。
積み重ねて無駄なスペースを作らずに収納できるので、バックパックやスーツケースなど、四角い形状のバッグに特に向いています。

まとめ

旅の身支度に時間をかけたくないですし、LCCで手荷物の超過料金も支払いたくありません。
そんな方にKOMPAKをオススメしますので活用してください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です