美味しくドリップできてる? 画期的なコーヒードリッパー

皆さんはどんなコーヒーを楽しみますか?
朝、目覚まし代わりのガツンとした濃いコーヒーでしょうか?
昼下がり、仕事の合間に一息入れるブレイクコーヒーでしょうか?
それとも、仕事終わりにアロマを感じながら1日の疲れを癒すおつかれコーヒーでしょうか?
ちなみに私が楽しむ機会が多いのは昼下がりのブレイクコーヒーです。

誰もが嗜むコーヒーですが、美味しく飲むためには、好みの豆選びから始めていくと思います。
焙煎具合、豆の挽き具合にもこだわる方もいるんじゃないでしょうか。

あとは、ドリップすれば美味しいコーヒーのできあがり!
・・・なんですが・・・このお湯を注ぐドリップ。
ムラがあってとても難しく感じます。

例えば、濃さの調節など用途に合わせて分けたいものですが、どうもうまくいかないことが多いです。
そんな中、プロのようにドリップがうまくいく画期的な商品が登場しました。

コーヒーの濃さを自由に変えられる
『DRILL DRIPPER(ドリルドリッパー )』です。

3種類の濃さを楽しめる

ドリルドリッパーは、付属のアタッチメントを交換することによって「お湯の落ちる速度」を調整できるドリッパーです。
このドリッパーが1台あるだけで、「お湯の落ちる速度」をコントロールし、まるでプロのようにドリップの調整を簡単に楽しむことができます。

使い方もとっても簡単です。
ドリルドリッパーは、穴の大きさの違うアタッチメントを交換してお湯の流れる速度を調整します。
コーヒーは、お湯の流れが速ければ『うすく』、遅ければ 『濃く』 なります。濃さは3種類から選べます。

引用:https://www.makuake.com/project/drilldripper/

それぞれのお湯の速度は次を目安に調整されているようです。

引用:https://koandro.com/product/drill-dripper/

一杯分のコーヒーの淹れ方

■準備するもの■
コーヒー豆 18 グラム
90℃のお湯 250ml

①アタッチメントを選んで装着
薄く淹れたいとき、急いで淹れたいときは ⇒ アタッチメントをつけない
普通の濃さで淹れたいときは ⇒ アタッチメントM
濃く淹れたいときは ⇒ アタッチメントS

引用:https://www.makuake.com/project/drilldripper/

あとはいつもどおり普通にドリップするだけでOK。
↓↓↓↓

② ペーパーのセット

引用:https://www.makuake.com/project/drilldripper/

おすすめペーパー:HARIO V60 ペーパー 02

③ コーヒー豆のセット

引用:https://www.makuake.com/project/drilldripper/

④ 蒸らし

引用:https://www.makuake.com/project/drilldripper/

⑤ 抽出(お湯を注ぐ)

引用:https://www.makuake.com/project/drilldripper/

⑥ 完成

引用:https://www.makuake.com/project/drilldripper/

同じようにお湯を注いでみてください。
アタッチメントを入れ替えるだけで違った味を楽しむことができるのです。

様々なシーンで使いわけ

アタッチメントなし (Weak)
さっぱりとした風味を楽しみたい時。
慌ただしい朝や時間がない時など速く淹れたい時。

引用:https://www.makuake.com/project/drilldripper/

アタッチメントM (Normal)。
バランスのとれたコーヒーでホッと一息つきたいとき。

引用:https://www.makuake.com/project/drilldripper/

アタッチメントS (Strong)。
ガッツリ濃いコーヒーが飲みたいなど、しっかりとした強さの苦みや、コクを楽しみたいとき。濃さを楽しむことができます。

引用:https://www.makuake.com/project/drilldripper/

製品仕様

・本体サイズ:幅14.0×奥行12.0×高さ10.8cm(持ち手を含む)
・重量:約142g (アタッチメント含む)
・材質:ドリッパー本体=PC樹脂(耐熱温度110℃)
    アタッチメント=PP樹脂(耐熱温度110℃)
・原産国:中国(日本国内で開発・設計)
・推奨フィルターペーパー:Hario V60 ペーパー 02サイズ
・カラー:スモークブラウン

IoTであなたのドリップにアドバイス!?

ドリルドリッパーを開発したKOANDRO株式会社(https://koandro.com)は、自分でドリップしたコーヒーの温度や豆の量を入力することで、淹れ方のアドバイスをしてくれるWEBサービス『ドリップアドバイザー』 も開発しサービスをスタートしています。

ドリップしたコーヒーの濃さ、苦み、酸味を分析し、グラフ上に表示してくれます。
飲んだあと、自分の好みとズレがあればそれを入力することで、次回のドリップへのアドバイスを表示してくれます。ドリップの履歴は測定データやアドバイスとともにクラウドに保存されます。
現在開発中のβ版を無償で使用することができます。
>>詳しくはコチラhttps://koandro.com/drip-advisor

さらに、ドリッパーに装着することで、すべての測定を自動化し、ドリップアドバイザーと連携するIoTアタッチメント『ドリップアナライザー』の開発を進めているとのことです。
コチラは2019年にリリース予定。

あるアンケート調査では、コーヒーが好きだと言うコーヒー党は、今や人口全体の7割を超えていると言われています。
こんなにもコーヒーを楽しみにしている方が多いことを考えると、このような商品はとても喜ばれるに違いありません。
もしあなたも、自分好みのコーヒーを探しているのであれば、このドリルドリッパーの助けを借りてみてはいかがでしょうか。


>>購入はコチラからamazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です